本文へスキップ

速記技能検定

秘書検定合格のコツ

秘書検定合格

秘書検定合格のコツHEADLINE

速記技能検定


会議や対談などを原稿にする

■資格内容

話し言葉を記録するプロ 
速記とは、速記用の簡略文字を使って速く、正確に、人の話を書き取ったり、録音テープの会話等を原稿にしたりする仕事である。地方議会、学会、政党大会、企業の会議といった大きな集会の記録、あるいは雑誌の対談記事など、どんなにレコーダー機器が発達しても、それを原稿にするために速記士が活躍している。
 
こうした速記士の技能を判定するのが文部科学省が後援し、日本速記協会が主催する速記技能検定である。


■試験内容

ランクは6級から 
入門者向けの6級からプロとして活躍できる1級まであり、試験官が朗読する文章を速記し、時間内に反訳(漢字仮名混じりの文に直す)して答案を作成する。級が上がるにしたがって、朗読文の内容は難しくなるうえ、スピードが速くなり、朗読時間も長くなる。


■詳細情報
受験資格: 特に制限なし
試験形式: 6級=80字/分・朗読時間5分・総字数400字・反訳時間60分・合格ライン96%・許容失点16字
5級=120字/分・朗読時間5分・総字数600字・反訳時間60分・正確度96%・許容失点24字
4級=180字/分・朗読時間5分・総字数900字・反訳時間60分・正確度97%・許容失点27字
3級=240字/分・朗読時間5分・総字数1,200字・反訳時間60分・正確度97%・許容失点36字
2級=280字/分・朗読時間10分・総字数2,800字・反訳時間130分・正確度98%・許容失点56字
1級=320字/分・朗読時間10分・総字数3,200字・反訳時間130分・正確度98%・許容失点64字
申込期間: 試験日の20日前までに申込む
試験日: 1月、5月、8月、11月の最終日曜日
試験地: 東京、大阪など全国14都市
受験料: 1級=5,000円、2級=4,000円、3級=3,000円、4級=2,000円、5級=1,500円、6級=1,200円
合格率: 41.4%(平成21年度)


■問い合わせ先
(社)日本速記協会
住所:〒102-0083 東京都千代田区麹町4-8-26 ロイクラントン麹町3階
TEL:03-3580-0976



秘書検定 講座