本文へスキップ

サービス接遇実務検定試験

秘書検定合格のコツ

秘書検定合格

秘書検定合格のコツHEADLINE

サービス接遇実務検定試験


サービスマインドを育成

■資格内容

サービスの技能を評価 
さまざまな業界で必要となる接客応対の技術、サービス業務に対する心構え、対人心理の理解などを理論・実技の両面から審査し、即戦力となる人材の育成を目的とした文部科学省後援の検定試験である。


■試験内容

筆記は正解率60%以上で合格 
筆記試験は、理論と実技に領域区分されている。理論はサービススタッフの資質、専門知識、一般知識、実技は対人技能、実務技能で、各々60%以上正解で合格となる。1級(筆記試験合格者に面接試験を実施)、準1級(面接試験のみ)、2級・3級(筆記試験のみ)の4ランクが設定されている。


■詳細情報
受験資格: 特に制限なし ※準1級認定には2級試験の合格が必要。
試験形式: 筆記=1級は記述式・2時間10分、2級は選択式と記述式・1時間50分、3級は選択式と記述式・1時間40分 面接=1級・準1級ともサービス接遇担当者としての口頭表現について ※1級の面接試験不合格者は、1年間筆記試験が免除される(初回の面接欠席者は適用されない)。
申込期間: 試験日の約2か月前〜約1か月前
試験日: 6月、11月 ※1級・準1級の面接試験は別日程。
試験地: 筆記試験は札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡、宮崎、那覇など25か所(詳細はホームページ参照)
受験料: 1級=5,500円、準1級=3,800円、2級=3,500円、3級=2,300円
受験者: 24,530人(平成22年6月の総数)
合格率: 1級=25.1%、準1級=80.7%、2級=70.4%、3級=72.4%(平成22年6月)


■問い合わせ先
(財)実務技能検定協会
住所:〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-4-15
TEL:03-3200-6675



秘書検定 講座